内臓脂肪の落とし方|食事や有酸素運動などについて解説

お腹につきやすい内臓脂肪の落とし方とは?

お腹につきやすい内臓脂肪の落とし方には大きく分けて2種類あります。
1つ目は食生活の見直しをすることです。
内臓脂肪は特にお腹周りの皮下脂肪の奥に蓄えられ、生活習慣の影響をかなり受けやすいからです。
現代ではファストフードやコンビニなど、高カロリーな食事が手に入りやすくなっている上に、エネルギーの消費が少ないために、余計な内臓脂肪が付きやすくなっています。
ですので、今までよりもお酒の量を減らしたり、脂質の少ない食事をするだけでも効果的です。
また、野菜類・タンパク質・炭水化物の順番に食事を摂ることも効果的です。
特に野菜類を最初に摂ることが重要で、含まれる食物繊維の効果により、脂肪の吸収と蓄積を防ぐことが期待できるのです。
2つ目は運動です。
既についてしまった内臓脂肪を減らすためには運動を行うことが落とし方としては効果的となります。
運動をすることで筋肉が付き、代謝が良くなるので、効率的な脂肪燃焼を行うことができるのです。
特に有酸素運動が有効で、一日でも怠けると効果が減ってしまうこともあるので、毎日の生活に無理なく取り入れることができるウォーキングがおすすめとなっています。
以上のカロリーを制限し、消費するという落とし方で、お腹につきやすく糖尿病などの病気の原因となりうる内臓脂肪を減らしましょう。

 

 

簡単にできる内臓脂肪の落とし方はないの?

内臓脂肪が溜まるとお腹の周りが気になります。
落とし方で一般的に知られているのは運動と食事制限です。
毎日忙しいし、食事制限はきついから無理だしと諦めてしまいます。
でも運動も制限もしないで簡単に始められる落とし方があれば、試してみる価値はありそうです。
簡単に始められる内臓脂肪の落とし方は、食べる順番を変えることです。
まず最初に野菜から食べます。
もしスープなどの汁物が野菜中心の具だったら野菜として考えましょう。
野菜に含まれる食物繊維は、血糖値を上昇させる糖質の吸収を阻害する働きがあると言われています。
もし先にお米などの炭水化物を食べてしまったら、体は気にせず糖質を吸収します。
血糖値が上昇してインスリンが分泌を行います。
インスリンが処理できない分は、脂肪に変えて後で使うために蓄積します。
結果として、内臓脂肪を増やすことになります。
食物繊維を先に取ることで、糖質が吸収されないため血糖値の上昇が緩やかになります。
インスリンが処理できる範囲に収まるため脂肪を増やさないで済む可能性があります。
次に野菜以外のおかずを食べます。
炭水化物は食事の最後にとるようにします。

この方法なら、食べる順番を変えるだけで簡単に内臓脂肪を減らすことが期待できます。

 

 

内臓脂肪の効果的な落とし方である有酸素運動を継続的に行う秘訣は?

世間には内臓脂肪に悩まされている方々が沢山います。
内臓脂肪を落とし方には有酸素運動を行うことがあげられます。
長めの有酸素運動を行うことによって内臓脂肪を燃やすことができると言われています。
ただ毎日3km走る、毎日1時間ウォーキング…と決めると義務になってしまい、なかなか続けられないものです。
何事も続けるコツは自分が楽しみながらできるということです。
20分以上継続して運動しないと脂肪は燃焼しないとは多々言われていますが、絶対20分以上やらなくてはいけないからと言って、自分が億劫になり、続けられないくらいなら毎日5分でもよいので続けることが大切です。
毎日5分だけと決めて、自分が今日はまだまだできそう、まだ運動したいと思ったときは自分が満足するまで行えばよいのです。
運動嫌いな人が無理して初日に長時間の有酸素運動を行い、辛かったからもうやりたくないと思ってしまったらそれこそ本末転倒です。
自分の続けられるペースで行うことが大切です。
また、内臓脂肪の落とし方は有酸素運動だけではありません。
食生活や生活習慣の改善も必要になってくることもあります。
内臓脂肪の詳しい落とし方を探し、自分に合ったものから少しずつ行っていきましょう。

 

 

内臓脂肪の落とし方〜効果的な食事とは?〜

内臓脂肪の落とし方で効果的な食事を紹介していきます。
内臓脂肪は、骨で守られていないおなかに、カロリーを摂取しすぎる事でついてしまう脂肪の事です。
太るとおなかにまず肉がつくと悩みを抱えている女性の方も多いのではないでしょうか。
内臓脂肪は食事を見直すことでかなり減少しますので、参考にしてみてくださいね。

 

・一日3食
人間の体は、飢餓状態に対応して栄養をため込もうとする仕組みがあります。
効果的に脂肪を減らすならば、毎日きちんと食事をとった上で栄養バランスを考える事が効果的ですよ。

 

・食物繊維の含まれている食べ物
食物繊維は体内の脂肪を体外に排出してくれる効果が期待できますので、内臓脂肪の落とし方をより活発にしてくれる可能性があります。
例えばキャベツ、ゴボウ、ほうれん草やオクラ、山芋などが多く含まれています。

 

・油分や脂肪の取り過ぎには注意
適量ならばともかくとしすぎてしまうとこれは脂肪を増やす原因になりますので注意してください。

 

・代謝をよくする
代謝が良くなればすでにたまってしまった脂肪が燃えやすくなります。
例えば青魚に含まれるエイコサペンタエン酸は血行をよくしてくれますので代謝も上がることが期待できます。

 

内臓脂肪の落とし方について述べました。
女性なら一度は憧れる引き締まったウエストへの第一歩を踏み出してみてください。

 

 

断食は必要?

内臓脂肪型の肥満は、それだけでも動脈硬化を引き起こしてしまう危険因子になっていたりすることがあります。
メタボリックシンドロームという言葉も最近ではしっかりと耳についてきました。
このメタボリックシンドロームは、動脈硬化の危険因子がいくつも重なっている状態で、その背景にあるのは内臓脂肪です。
体内に取り込まれた中性脂肪は筋肉など全身の組織に運ばれてエネルギーとして使われますが、すぐには使われずに余った分は体脂肪として蓄えられていきます。
この体脂肪が主に小腸の膜についてたまったものが、内臓脂肪です。
この脂肪が増えすぎてしまった状態を、内蔵脂肪型肥満と呼んでいます。
肥満が気にかかっている人はよく急激に体重を落とそうとして断食を行って、体重を落とそうと試みていますが体重の落とし方としては、体にはよくありません。
内臓脂肪は食べ過ぎるとすぐに増えてしまいますが、運動でエネルギーを消費してしまうとすぐに減ってしまうという特徴があります。
ですから無理な断食をする必要がありません。
この脂肪は比較的に少ない運動量でも簡単に減らすことが期待できます。
脂肪の落とし方は、ウォーキングなどの軽い運動でも十分に効果が期待できるんですね。
無理な体重の落とし方である断食は、逆に体に負担になってしまう可能性があります。

 

 

脂肪で悩んでいるならコレ

内臓脂肪の落とし方について、運動や食事をメインとして説明をしました。
このページで紹介したことを取り組むのも良いですし、別の手法を試して脂肪の悩みと向き合うこともできます。
漢方薬に生漢煎というものがあります。もし知らないということであれば、ここで紹介するサイトを見てみてください。
参考サイト:生漢煎と防風通聖散